伴奏付けの指導方法に関する一考察(1)

URI http://cur-ren.cjc.ac.jp/metadata/758
FulltextURL
Title
伴奏付けの指導方法に関する一考察(1)
Title Alternative
A Study of the Accompaniment Teaching Method(1)
Author
著者 松井 みさ
著者(別表記) Matsui Misa
Abstract

 ピアノ初心者に対する童謡の伴奏付けの指導方法として,機能和声理論に基づく和音連結の型であるカデンツを利用した指導を行なう。左手を,主要3和音を中心としたカデンツの型でグループ分けすることにより,同じ動きの繰り返しと意識付け,左手に対する苦手意識を克服する。3種類のカデンツを繰り返し練習し,自在に弾けるようにすることにより,右手の練習のみで多くの童謡の伴奏付けが可能となる。また,正しい指使いで練習した場合,この左手の動きはハ長調以外の曲においても応用することが可能で,レパートリーの拡大に繋がると考える。

Subject
760 Music
Keyword
童謡
伴奏付け
カデンツ
References

・松井みさ:短期大学幼児教育科における即興演奏に関する一考察Ⅱ 中国学園紀要 第3号(2004)
・島岡譲 他:和声 理論と実習Ⅰ 音楽之友社(1964)
・新訂 標準音楽辞典 音楽之友社(1991)
・森田百合子 他:幼児の音楽教育 表現◆音楽 教育芸術社(2001)

Publish Date
2013-06-16
Publication Title
中国学園紀要
Publication Title Alternative
Journal of Chugokugakuen
Volume
12
Start Page
43
End Page
48
ISSN
1347-9350
NCID
AA11806598
Publisher
中国学園大学/中国短期大学
Copyright Holders
中国学園大学
中国短期大学
Contents Type
Departmental Bulletin Paper
language
Japanese
File Version
publisher